取付け

レール・ベルトストッパーに両面テープを使用しています。取付け後約24時間以内は両面テープ の粘着力を安定させる為、力を加えたり、振動を与える走行や水分は避けてください。

1.カーテンレールの取付け

レールを取付ける窓枠の図1部分の汚れをキレイに拭き取ります。きれいになった窓枠の上下に、レールを貼付けます。上の窓枠にレールを貼付ける際、窓枠の車内側のヘリに沿って貼付けてください。右図のA~Bに向かって少しずつ押しつけるように貼り付けるとキレイに仕上がります。下の窓枠に貼る場所も同様です。

  • 気温の低いとき、レールの接着テープが付きにくい場合があります。
  • カーテンが窓枠に干渉しないように、レールとウィンドガラスの間は十分に(5mm以上)隙間をつくってください。
  • ドアロックボタン等にカーテン及びレールが干渉しないように取付けてください。
  • カーテンレールは貼り直しが出来ません。
    (レール曲がりや、両面テープの粘着力が落ちます。)
  • レールは湾曲に対応していますが、極端に強く曲げるとレールが使用できなくなる場合がありますのでご注意ください。
取付け画像1

2.フック付きカーテンの取付け

レール貼付け約12時間経過後、カーテンを上下に取付けます。その際、カーテンフックをレールの突起に掛け斜め方向から押し込むようにセットしてください。

カーテンの高さ合わせについてはカーテンの左右両端の高さが違いますので、窓枠の高い方にカーテンの天地の幅が広い方を合わせて取付けてください。

※カーテンフック全てがレールの突起に正常に掛ってるかご確認していただいた上でカーテンを開閉してください。

カーテンの取付かた2,3
[カーテンを外す場合]
カーテンが汚れてクリーニングなどでカーテンを取外す場合は右図5のようにマイナスドライバー等でフックの隙間にはさんで押し上げるだけで簡単に取外すことが出来ます。
カーテンの外し方

3.ベルトストッパーの取付け

ベルトストッパーを図5のように窓枠のタテ部分に貼ります。窓枠の高さの中間を目安に、好みの位置に貼付けてください。次に図6のようにベルトストッパーにカーテンベルトを通して固定します。

※ベルトは刺繍面と無地面があり、両面ご利用いただけます。

カーテンの取付5,6
◆カーテンストッパーの取付け◆
付属のカーテンストッパー(ゴム製)を下図8のようにレールに取付けることにより、カーテンベルトで固定せずにお好みの位置でカーテンを止めることが出来ます。
カーテンストッパーの取付け方
autodecor車用カーテン